So-net無料ブログ作成

【転載記事】「愛知碧南市夫婦強盗殺人事件初公判」~死刑廃止への序曲


 転載  転載元   世直し「クモスケ」のブログ

 「愛知碧南市夫婦強盗殺人事件初公判」~死刑廃止への序曲
                                          2015-10-29 22:41:43
   テーマ: 
   
やはり、オイラが想定していたとおりの最悪なるシナリオだったぜ

とりあえず、「愛知碧南市夫婦強盗殺人事件初公判」についての詳細からいこうか!
(中日新聞記事より一部引用)

【堀被告、夫への殺意否認 碧南の強殺初公判   愛知県碧南市で1998年、パチンコ店責任者の夫婦が殺害され金品を奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われた堀慶末(よしとも)被告(40)=本籍・岐阜県土岐市=の裁判員裁判の初公判が29日、名古屋地裁(景山太郎裁判長)で始まった。

堀被告は妻殺害について「一切、関与していない」と無罪を主張、夫については「殺害は認めるが、殺意はなかった」と述べ、起訴内容を一部否認した。
妻殺害の共謀と夫に対する殺意の有無が争点で、検察側は死刑を求刑する可能性がある。

被告は2007年、名古屋市千種区で、面識のない女性を拉致、殺害した「闇サイト殺人事件」で無期懲役が確定している。

冒頭陳述で検察側は「消費者金融などの借金に困った被告が、パチンコ店の売上金目的で鍵を奪おうと、共犯に強盗を持ち掛けた」と、計画性を指摘。 妻については「顔を覚えられ、殺害を共犯に持ち掛けた」、夫は「背後からいきなりロープで首を強く絞め、共犯が加勢した」と夫婦殺害を主導したと強調した。

弁護側は「売上金の場所などパチンコ店の情報を聞き出すのが目的で、誰も殺す気はなかった」と殺意を否認。

夫については「もみ合っているうちに、顔にかぶせていたバスタオルの端を共犯が強く引っ張り死亡した」と強盗致死罪にとどまると主張した。

起訴状によると、被告は98年6月28日、仕事仲間だった佐藤浩(39)、葉山輝雄(46)の両被告=いずれも強盗殺人罪などで起訴=と共謀し、碧南市のパチンコ店責任者馬氷一男(まごおりいちお)さん=当時(45)=方に侵入。

馬氷さんと妻里美さん=同(36)=の首をロープのようなもので絞めて殺害し、6万円などを奪ったとされる】

「殺すつもりはなかった・被害者ともみ合っているうちに、顔にかぶせていたバスタオルの端を共犯が強く引っ張り死亡した=殺意の否定~強盗殺人ではなく→強盗致死である」

「妻の殺害には一切関与していない=堀の犯行による被害者数は1人だけ」

例によって、悪徳人権弁護士たちの「入れ知恵」だろう

この弁護士らの仲介によって、他の被告も口裏を合わせているはずだ

何しろ、愛知碧南市夫婦強盗殺人事件は、発生してから17年以上も経過している

証拠についても「食べ残しから検出されたDNA型」だけである。

堀の性格からいって当然、「知らぬ存ぜぬ」で逃げ切るつもりだろう

ある意味では、先般、死刑執行された神田司よりも堀慶末の方が相当のワルだ

大昔の話だが、オイラは職業柄、堀慶末について熟知しているが、ここで暴露するわけにはいかない

そこで、愛知碧南市夫婦強盗殺人事件の裁判員は、一度でいいから堀が収容されていた刑務所に出向き、堀の行状を訊いてほしい

そうすれば、こいつが相当のタマであることがわかるぜ

次のブログで詳述するが、この「愛知碧南市夫婦強盗殺人事件」は、日弁連が発足した「死刑廃止検討委員会」による、ある謀略に利用されるだろう

それは、日本の死刑制度全面廃止である

オイラが本の出版などで警告してきたように、現在は殺人事件の場合、被害者数が1人では絶対、死刑にならないことは周知のとおり

今後、「死刑廃止検討委員会」は日本の死刑制度全面廃止に向けて本格的に活動するはずだ

そこで、愛知碧南市夫婦強盗殺人事件の裁判を利用して、被害者数が2人では絶対死刑にはならない、という悪しき慣例をつくってしまうようだ

いわば、死刑制度全面廃止に向けた前哨戦のようなものだ

オイラの推測では、おそらく堀以外の被告には「無期懲役刑」の判決が下される

そして、堀慶末については一応、世論をかわすため、いったんは「死刑判決」が下されるだろう

しかし、堀側は当然控訴するだろうから、2審ではおそらく「無期懲役刑」に減刑された判決が下されるはず

要するに、日弁連側では、何としても鬼畜たちの死刑回避に向けて、水面下で薄汚い謀略を企てているということだ

今日の初公判の報道内容から、オイラはこのことを即座に感じてしまったぜ       

                                                                にほんブログ村 小説ブログ ドキュメンタリー小説へにほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。