So-net無料ブログ作成
検索選択

「真夜中の看守長 ルナーミッション」 ムーンライト誕生悲話

人権派弁護士の悲劇



  事件から三日後、川上房子、美佐子、真菜たちの告別式が行われようとしていた。本来、喪主であるべき川上賢一弁護士の姿はなかった。 ( 中 略 )
 

「義兄さんは、俺や陽介のいうことをまったく受けつけなかった。その結果がこのザマだ。義兄さんに限らず、人権屋たちや裁判官は甘いんだよ」
 

「今はそんなこと言わないでよ。かわいそうでしょう。それにしても、犯人の野村という男、絶対に許せないわ。美佐子ちゃんを襲って殺し、まだ一歳の真菜ちゃんまで殺すなんて、人間じゃない」
 

「俺は、毎日そんな連中を相手にしている。だから、奴らの本性がわかるんだよ。これからも、どこかで同じような被害者がでてしまうのだ」
 

「それがわかっていながら、なんとかならないの。もっと刑を重くするとか」
 

「無理だ。この国では、人間じゃない奴らの更生だの人権だの、刑を重く変えても犯罪は減らない、社会を変えるのが先決だの、キレイごとばかり言っている。人権屋たちが、猛烈に刑法の厳罰化に反対しているからだ。死刑廃止まで言いだしている」
 

真夜中の看守長 ルナーミッション」 ムーンライト誕生悲話 (90~165ページ) より


CCF20120222_000021.jpg           にほんブログ村 小説ブログ ドキュメンタリー小説へにほんブログ村



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。