So-net無料ブログ作成
検索選択

読者の皆さんへの河村龍一氏の謝罪

にほんブログ村 小説ブログ ドキュメンタリー小説へにほんブログ村


2014年2月に行われた東京都知事選において得票数で4位だった田母神俊雄氏は、今年4月14日、公職選挙法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕されました。田母神陣営の元会計責任者は、起訴された内容を7日(火)の初公判で認めました。田母神氏の初公判は、今月27日(月)行われます。

闇サイト殺人事件の遺言」の著者の河村龍一氏 は、田母神氏を強く支援していました。河村氏は、田母神氏に投票するようにブログの読者に呼びかけたことを謝罪しています。起訴されたことをすべて関係者の責任であるかのような発言をしている田母神氏が知事になっていたら、都政の混乱は舛添さんの比ではなかったのではないでしょうか。 
  
CCF20130906_00005.jpg
イメージ 1

今宵、「河村龍一の銀河鉄道の夜」に訪問していただき、ありがとうございます。
ここで、まず当ブログ読者の皆さまにお詫びいたします。
 
私はこれまで、当ブログ上において田母神俊雄氏を絶賛し支援する内容の記事を掲載し、特に平成26年2月の東京都知事選では、田母神候補に投票するよう読者の皆さまに強く働きかけてきました
しかし、今日の報道により、これは誠に「不見識」「軽率」な行為であったと、今は大変深く反省しております。
 
また、私の記事によりご迷惑をかけてしまった読者の皆さまには、心よりお詫び申し上げます。
 
先の「都知事選」及び「衆議院選」などでは、保守政治の新たな潮流に期待した皆さまが、田母神俊雄氏に「貴重な浄財」を託したはずでした。
 
しかし、その浄財が選挙運動員等への買収目的に使われてしまい、また、田母神氏ご自身の私的な事柄(田母神氏の愛人の衣装代金や家族の訴訟費用等)に流用されていたことがこの度、検察の調べにより露呈してしまったのです。
 
*以下、産経新聞より引用します。
平成26年2月の東京都知事選をめぐり、複数の運動員らに現金を渡したとして、東京地検特捜部は14日、公選法違反容疑(運動員買収)で、元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄容疑者(67)=東京都世田谷区=と、当時の選対事務局長で会社役員、島本順光(のぶてる)容疑者(69)=東京都墨田区=を逮捕した。特捜部は田母神容疑者らが、多額の政治資金を運動員への報酬に充てていたとみて実態解明を進める
 
私が今回、一番失望してしまったことは、保守の守護神的存在であった田母神氏が、本件については「元会計責任者」、「選挙対策事務局長」、そして「チャンネル桜社長の水島氏」など田母神氏の選挙関係者に全て責任を転嫁してしまったという、卑劣極まりない、恥も外聞もない「逃げに終始した釈明行為」でした。
 
「全ては私の指示でした。私の独断で違法行為を彼らに強要しました。他の者は全く関係も責任もありません」と、なぜ、本件が発覚した時点で言えなかったのでしょうか。
そして、田母神氏みずから懲役刑を志願し、塀の中に入って満期まで本件についてのけじめをつけてくるべきだった。
新たに一から出直してほしかった……「破滅寸前の日本」のために。
 
人間、窮地に陥った時、その者の本性が全て露呈するものです。
残念ですが田母神さん、あなたは、この日本を託せるような人物ではなかった……せめて往生際だけはキレイにしてください。
 
できれば、かつては保守派守護神として君臨したあなたでしたから、潔く切腹して本件のけじめをつけるべきでは。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ヒゲノマダオ

最初に潔く罪を認めず、
他責にした姿勢に憤慨されるのは理解できます。
ただ、選対・後援会として直接参加していたのでも無い限り、
別段謝罪する必要を感じません。私自身も仕事を終えてから、
夜中にポスティングのボランティアをしておりました。
当時は知らなかったのですから全ては結果論です。
現都知事を当選させた200万人弱の都民の「一部」の方々は
今やりきれない思いを持つ人もいるはずです。
それと同じことではないでしょうか。

ご本人の精神的劣化なのか、
周囲の人間に何かしらの
悪影響を受けて染まってしまったのか、
第三者の私には分かりかねます。

しかしながら、
「田母神氏が知事になっていたら、都政の混乱は舛添さんの
比ではなかったのではないでしょうか。」とは思いません。
現都知事のやりようは混乱どころの話ではありません。
TVや新聞では報道されない悪行が多々有ることはご存知ないのですか?

支持していた人に裏切られた思いがあるとしても、
罪の大小で人を測るのは愚だと分かっていても、
今の都知事殿よりはまだましな都政を行っていたと思います。
ただ今後は、然るべき場で相応の罰を受けそれを償い。
表舞台には二度と出ないでいただきたいものです。

長文失礼いたしました。
by ヒゲノマダオ (2016-06-10 10:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。