So-net無料ブログ作成
検索選択

「闇サイト殺人事件」の神田司死刑囚の死刑執行

 転載  転載元   産経ニュース

 2015.6.25 11:25更新

「闇サイト殺人事件」の神田司死刑囚の死刑執行 第3次安倍内閣で初

法務省は25日、平成19年に名古屋市内で起きた「闇サイト殺人事件」の神田司死刑囚(44)=名古屋拘置所=の死刑を執行したと発表した。第3次安倍内閣で初めて。上川陽子法相は就任直後の記者会見で「今の法の仕組み、枠組みを前提として行動するのが第一義。澄んだ心でこの制度に厳正に向き合うつもり」と死刑制度を維持する意思を表明していた。

これで未執行の確定死刑囚は、静岡地裁が平成26年3月に裁判のやり直しを決定するとともに刑の執行を停止した袴田巌さん(79)を除いて、129人となった。

上川法相は昨年10月に就任して以来初めての執行となった。谷垣禎一元法相が昨年8月に執行したのが最後。松島みどり前法相は約1カ月半の任期中に一度も執行していなかったため、10カ月ぶりの死刑執行となった。

確定判決などによると、神田死刑囚は19年8月、携帯電話のサイトで犯罪仲間の募集に応じた2人の男と名古屋市内のレンタルビデオ店の駐車場で落ち合い、若い女性を拉致して強盗することを提案。2人も同意し同日夜、帰宅途中の女性会社員=当時31=を乗用車に押し込んで手錠をかけ、現金約6万円とキャッシュカードを奪った。

さらに女性の頭部をハンマーでメッタ打ちにして殺害し、遺体を岐阜県瑞浪市の山中に埋めた。

神田死刑囚らは偽名を名乗るなど互いに素性も知らないまま犯行に及んでおり、インターネット社会における安易な犯罪の構図が浮き彫りになった。

1審名古屋地裁は平成21年3月、死刑を言い渡し、神田死刑囚はいったん控訴したものの、翌月に取り下げて死刑が確定した。

死刑制度をめぐっては、内閣府が今年1月に発表した「基本的法制度に関する世論調査」で死刑制度容認派が約8割にのぼっていた。

 
             CCF20130906_00005.jpg            にほんブログ村 小説ブログ ドキュメンタリー小説へにほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。