So-net無料ブログ作成
検索選択

出でよ、現代の必殺仕事人!! 


 転載記事です。 

 転載元 ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/cosmo20b_type_e/27132982.html  

   m_CCF20120222_000021.jpg           にほんブログ村 小説ブログ ドキュメンタリー小説へにほんブログ村


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

長崎功子

加害者天国と言われながら社会は傍観者でしかない。
人は被害者になれば法が守ってくれるとのんきに構えていますが、法が守るのは加害者でしかない。事実、犯罪に巻き込まれ警察署に駆け込んでも対応は冷たいでしょう。被害者には何重もの取り巻く背景があり、加害者よりも扱いが大変なのです。加害者は法律に則って動けばいいだけですから。被害者ほど厄介なものはないと思っているのが現実です。被害者になってはすべてが遅いのです。
犯罪のない社会をと望むならば、毅然とした犯罪に対しての考え方行動が伴わないと安心安全な社会など作れません。
偽善、きれいごとを並べて安心安全な社会などいつになっても作ることはできないでしょう。矛盾を検証する確かな意識を結集し矛盾する法律などを変えていかなければと思います。

by 長崎功子 (2015-05-01 14:51) 

lunamission2012

>矛盾を検証する確かな意識を結集し矛盾する法律などを変えていかなければと思います

長崎功子さん。コメントありがとうございます。本当にその通りだと思います。

by lunamission2012 (2015-05-03 10:49) 

lunamission2012

>私たちが声なき声をあげる事が「正義の必殺仕事人」を生むのだと思いますよ。

一騎当千さん。コメントありがとうございます。本当にその通りだと思います。

by lunamission2012 (2015-05-04 10:11) 

長崎功子

一向に変わる兆しもない凶悪犯罪、毎日、毎日必ずどこかで殺人事件、人身事故と世紀末なのかと思ってしまう。

人間は環境に順応する生き物とすると、こうした血なまぐさい事件、事故にも無関心になってしまうのかもしれない。

社会を良くするには、偽善はかえって害である。
事実を曖昧にし目の前の現実を見ないようにしてしまう。

日本はきれいごと、耳触りの良い情報を良しとする風潮があることが残念でならない。

必殺仕事人をドラマ、映画にした脚本家、監督を尊敬します。

by 長崎功子 (2015-11-15 15:20) 

maxtudoおじさんの独り言

死刑廃止を望んでいる人たちって同じ人間かあって思ってしまう。
松田まゆみとかいう女性って家族いるのかなあ?いたら死刑廃止などと無責任な発言なんて出来やしないと思うけど。おかしな人たち多すぎだよ。この松田まゆみって検索してみたら発言内容に矛盾ばかり。プライドが高い女性のようだ。夫婦別姓とかも賛成している。
しかし、おかしいな話で夫婦別姓は本人はしてはいないようだ。
社会を煽っておいて適当な煽り屋おばさんってことか。
鬼蜘蛛おばさんってネームで毎日PCの前でしがみついている暇人ばあさんのようだなあ。
by maxtudoおじさんの独り言 (2015-12-03 17:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。